ダーマペン|皮膚科ちえこクリニック|富山県高岡市の皮膚科・美容皮膚科 ダーマペン|皮膚科ちえこクリニック|富山県高岡市の皮膚科・美容皮膚科

ダーマペン DERMA PEN

ダーマペンについて

ダーマペンとは、微細な針を肌に刺して肌の回復力を引き上げる施術方法です。 傷ついた肌が回復する過程で、コラーゲンやエラスチンなどが生成されるため、 肌の再生が促されます。 シミやにきび跡、肌のたるみの改善や肌質向上などのさまざまな美容効果が期待できるのです。 その反面、治療時に痛みを感じたり、アフターケアを怠ると ダウンタイムが長引いたりするなどの注意すべき点もあります。 またダーマペンの施術後は、肌に薬液が浸透しやすくなり、美容効果が高まる点も魅力です。 肌が回復する過程で得られる効果に加えて、薬液による効果も得られます。

ダーマペンの効果

毛穴の開きを改善

ダーマペンで肌に刺激を与えると、肌のターンオーバーを促進できます。 肌のターンオーバーとは、古い皮膚が剥がれ落ちて、新しい肌と入れ替わる一連のサイクルです。 ターンオーバーが促進され、古い肌と新しい肌が入れ替わると、緩んだ毛穴が引き締まります。 またターンオーバーが正常になると、皮脂の排出もスムーズになるのです。 その結果、毛穴に皮脂が貯まりにくくなり、毛穴にできた黒ずみの改善も期待できます。

にきびの改善

ダーマペン治療は、にきびの症状にも対応できます。 たとえば、毛穴ににきび菌が繁殖すると、炎症が酷くなり膿がたまり、黄にきびができるのです。 ダーマペンを肌に刺して穴を空けて、毛穴にたまった膿の排出を促すとにきびを改善できます。 ただし、炎症がひどいにきびに対してダーマペンを使用すると、逆に症状を悪化させるケースもあるため注意しましょう。 にきびの状態によっては、ダーマペンによる施術の前に、他の治療法で炎症を抑える必要があります。

たるみやしわの改善

ダーマペンは真皮を刺激して、線維芽細胞を活性化させるため、たるみやしわを改善できます。 線維芽細胞には、コラーゲンやエラスチンなどの肌の弾力を保つための成分を作り出す役割があります。 そのため線維芽細胞が活発になると、肌の弾力が増してたるみやしわが改善されるのです。

シミやくすみなどの黒ずみ改善

ダーマペンとウーバーピールを同時に行うことで肌のターンオーバーを促すと、 シミやくすみなどの黒ずみを改善できます。 ターンオーバーが正常に行われると、シミやくすみの原因であるメラニンも 古い細胞と一緒に剥がれ落ちます。 一方でターンオーバーが遅れると、メラニンがたまりやすくなり、 シミやくすみなどの黒ずみが目立つようになるのです。

ダーマペンはやめたほうがいい?デメリットやリスク

ダーマペンはデメリットやリスクがあるため、「やめたほうがいいのでは?」と 気になる方もいるのではないでしょうか。たしかにデメリットはありますが、 医療機関で適切な処置を受けたり、医師に相談したりするとデメリットやリスクも避けられます。

痛みを感じる可能性がある

ダーマペンは、肌に針を刺すため痛みを感じる可能性があります。 骨が近い部位は、とくに痛みを感じやすいのです。 痛みに対しては、クリームタイプの麻酔薬を施術部位に塗ることで 痛みを和らげることができます。(麻酔クリーム塗布時間:15分)

ダウンタイムがある

ダーマペンを受けたあとは、傷が治るまでの期間であるダウンタイムが生じます。 そのため、完全に赤みや痛み、かゆみがなくなるまでに1週間ほどかかることがあります。 当院では、ダウンタイムを和らげるための鎮静マスクを使用しております。 ダウンタイムの間は、ひりつきやかゆみを感じることがあるため、 ストレスになる方もいらっしゃるかもしれません。またダウンタイム中は、 化粧や飲酒、洗顔、日焼けなどについて注意事項もあります。

肌のバリア機能が低下する

ダーマペンを受けた直後は、一時的に肌のバリア機能が低下します。 肌のバリア機能とは、乾燥や摩擦、紫外線、細菌などのあらゆる外部刺激から肌を守る機能です。 バリア機能が低下すると、肌が刺激に敏感になり肌トラブルが起こりやすくなります。 細菌やウイルスなども侵入しやすいため注意が必要です。アフターケアを適切に行いましょう。

効果の実感までに複数回の施術を受ける必要がある

ダーマペンの効果を継続させるためには、 症状にもよりますが3~4週間に1度の施術を5回~10回ほど受けることが推奨されています。 とくに傷跡やにきび跡、色素沈着によってできた濃いシミなどは、 一度の施術で改善することが難しく、継続して治療を受ける必要があります。

ダーマペンとの組み合わせ施術

ベルベットスキン

ベルベッドスキンとは、ダーマペン4とマッサージピールを組み合わせた治療方法です。 マッサージピールでは、マッサージをしながらピーリング薬剤を肌にやさしく浸透させます。 ピーリング薬剤が浸透すると、線維芽細胞が活性化されるため、 コラーゲンの産生が促され、肌にハリや弾力がもたらされます。 ダーマペンとマッサージピールにより、 肌のターンオーバーが活性化されると、肌が織物のベルベットのようなキメのある滑らかな状態に導かれます。

ウーバーピール

ウーバーピールは、10種類以上の成分が配合された低刺激ピーリング剤です。 肌再生や抗炎症作用があり、にきびの改善や美白効果もあります。 ダーマペンの施術直後に使用すると、美肌成分が肌の深層まで浸透して、ウーパーピールの効果が促進されます。

導入液による効果の違い

ダーマペンの際に導入液を使用すると、美容成分を肌の深部まで浸透させられます。 導入液には複数の種類があり、それぞれ効果も異なります。ここでは、2つの導入液について説明します。

ベネブ|にきびやにきび跡、クレーターの改善

ベネブは細胞の再生をサポートする成長因子や保湿成分、アミノ酸、ビタミンなどのさまざまな美容成分が バランスよく配合されています。ターンオーバーを促すため、キズの回復も早まります。

幹細胞培養上清液|肌の潤いやたるみ、毛穴の開き改善

幹細胞培養上清液とは、細胞の回復を活性化させる幹細胞を培養して、その培養液から幹細胞をとりだしたものです。 線維芽細胞を活性化させる美容成分が含まれているため、たるみの改善や毛穴の開き改善の効果が期待できます。

クリニックで受けるダーマペンとセルフダーマペンとの違い

通販サイトなどで購入できるセルフダーマペンは類似品です。本来、ダーマペンを購入できるのは 医療機関のみであるため、個人では購入できないのです。 ダーマペンとセルフダーマペンは根本的に異なります。そのためセルフダーマペンでは、 ダーマペンのような効果は期待できません。またセルフダーマペンは危険を伴うため、利用しないことをおすすめします。

セルフダーマペンの危険性

セルフダーマペンを使って後悔することのないように、ダーマペンは医療機関で受けるようにしましょう。

セルフダーマペンの危険性は次のとおりです。

  • 専門家による肌チェックを受けられないため、肌の状態が悪化する
  • 針をまっすぐに刺せないため効果が薄く、不必要に肌を傷つける
  • 不衛生であるため、傷口から雑菌やウイルスが侵入する可能性がある
  • 説明書が英語や不自然な日本語であるため正しく使えない場合がある
  • にきびをさらに悪化させる恐れがある
  • アフターケアが不十分で、炎症が悪化する恐れがある

ダーマペンの治療を受けた後の状態とアフターケア

ダーマペンの治療の後は、アフターケアや日常の過ごし方について注意すべきことがあります。 ここでは、ダーマペンの治療を受けた後の肌の状態とアフターケアについて解説します。

施術直後~翌日

ダーマペンは肌に穴を空けるため、施術直後は顔が赤くなります。 施術から数時間はヒリヒリと痛みを感じたり、鈍い痛みを感じたりもするでしょう。 血行を促すような行動をとると、炎症がひどくなるため注意が必要です。 当日から翌日にかけては、激しい運動や飲酒、入浴は控えましょう。

施術から2日後~1週間後

施術から2日~3日後は腫れやかゆみが出てくる場合があります。 腫れやかゆみは、2~3日がピークで1週間をかけて徐々に治まってくるでしょう。 またダウンタイム中は、肌のバリア機能が損なわれているため、 乾燥をしやすく紫外線の刺激にも弱い状態です。保湿をしっかりして紫外線を避けることが大切です。 かゆみが強くてがまんできなかったり、7日が経過しても赤みが引かなかったりする場合は、ご相談ください。

ダーマペンの施術を受ける際の注意点や禁忌事項

ダーマペンは体質や体調によっては受けられないことがあるため注意しましょう。

一般的には、以下に該当する人はダーマペンを受けられません

  • 妊娠中や授乳中の方
  • 金属アレルギーや麻酔アレルギーの方
  • ケロイド体質の方
  • 施術部位にいぼやヘルペスがある方
  • 血液感染症にかかっている方
  • 重度の糖尿病の方

費用

料金表

ダーマペン4

メニュートライアル1回5回コースの場合
1回料金
両頬19,800円26,400円110,000円22,000円
全顔-30,800円143,000円28,600円
オプション成長因子(ベネブ)+5,500円
ベルベットスキン(PRX-T33)+7,700円
カレシムプロフェッショナルセラム+11,000円
MG-RAS+5,500円
EXO-SKIN+11,000円

※表示金額は全て税込みです

お支払方法

当院では、下記のお支払方法が可能です。

現金
現金でのお支払い
クレジットカード
VISA/JCB/
Mastercard/など
QR・電子決済
各種交通系IC、
QRコードでのお支払い