富山県高岡市の皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科

診察
予約
LINE
メール
アクセス

口唇のあれ

くちびるのあれにお困りの方に

繰り返すくちびるのあれは意外なものが原因になっている場合があります。
悪化因子をとりのぞき適切な治療をおこないましょう

くちびるのあれの症状

くちびるがかさかさして皮膚がむけたり、きれつやびらん、かさぶたがつく、赤み、かゆみやちいさなみずぶくれができる等の症状がみられます。

くちびるのあれの原因

くちびるに付いたりふれるものはすべて原因となる可能性があります

飲食物の刺激
香辛料が効いたもの、醤油がらいものや塩辛いもの。山芋や果物の汁など

日常品の刺激
歯磨き粉、タバコ、うがい薬、化粧品、口紅、洗顔料、シャンプー、リンスマスクなど。
くちびるのあれをなおそうとして使用しているリップクリームによってかぶれをおこし、かえってあれがひどくなっている場合があるので注意が必要です。

くちびるを刺激するようなくせ
くちびるを頻回になめる、かみしめる。
指でさわるなどの動作はくちびるを刺激しあれを悪くする原因になります。
これらの動作は自覚せず行っている場合も多いです。

くちびるのあれの治療

原因や悪化させている因子をとりのぞき、次のような治療を行います。

保湿剤
ワセリン・アズノール軟膏などで保湿しひふのバリア機能を保つようにします。

ステロイド外用剤
炎症を鎮めるため使用します。
塗布回数や量は指示にしたがっておこなってください。

日常生活の注意点

注意点
  • くちびるをなめる、こする、かみしめるなどしないようにする
  • くちびるをさわって皮膚をとったりしないようにする
  • 刺激となる飲食物(香辛料がきいたもの、醤油辛いものや塩辛いもの、山芋や 果物の汁)などが付かないよう気をつける
  • 口紅を落とす際のクレンジングが刺激になっていることも多いので刺激の少ないオリーブオイルなどを使用してメイクを落とすようにしましょう

一般皮膚科 診療科目

肌荒れや湿疹、虫刺されなど皮膚疾患全般に関する治療を保険診療で行います。患者様のお肌の状態に合わせて治療を進めて参ります。

PAGE TOP